売却を行う業者

住宅

日本における買い物の中で多くの人が一度は経験する高額な買い物と言えば不動産の購入でしょう。1990年代のバブル経済以降の不動産価格は下降し続けてきたと言われますが、生涯所得に対して高額であることに変わりはありません。 しかし、折角購入した不動産も自分自身のライフスタイルの変化や経済状況、家族構成、特に子供の誕生と成長等の環境変化と共に不動産売却を行う機会は結構多いのです。不動産売却と言えば不動産業者に依頼することが多いでしょうが、宅地建物取引業者でも不動産売却は可能です。不動産業には不動産の売買や仲介、賃貸借や管理等の様々な業務がありますが、不動産業務の内でも不動産の売買や仲介のみを行う宅地建物取引業もあります。

不動産を手に入れる手段は購入や相続等が多いので入手までには相当な時間と費用がかかることが一般的です。また、不動産は保有しているだけでは固定資産税等の課税があるため、物件次第では管理費等の経費が多額に必要なこともあります。 しかし、不動産の購入費が高額になると言うことは、不動産売却を行えば多額の現金が手に入ると言うことです。生活環境が変化したために自宅を売却するならば、当然新たな不動産を購入する必要があります。不動産売却で手に入れることができる現金はその購入資金として活用できます。また、利用していない不動産売却ならば不動産に課税されている各種税金を今後支払う必要がなくなるだけではなく売却益には色々な活用方法があるでしょう。